Now Loading...

CoderDojoとは

CoderDojoは7~17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。

2011年にアイルランドで始まり、世界では85カ国・1,600の道場、日本では全国に140以上の道場があります。
(都会に集中しており、静岡県は静岡市、浜松市の2カ所)

“教室”ではなく“道場”という名を冠しているのは、大人が教えるのではなく、子どもたちが主体的に学ぶ姿勢を大切にした活動だからです。

プログラミングを通じた創作、作りたいという気持ちを大切にし、自由にプログラミング学習や制作ができる場所です。

CoderDojoでは、以下のような用語を用いています。

Dojo(道場)

子どもたちがプログラミングで
創作活動を行う場所

Ninja(ニンジャ)

「CoderDojo」に参加する
子どもたちのこと

Mentor(メンター)

ニンジャの学びを
支援する大人たち

Champion(チャンピオン)

各CoderDojoの運営者

メンターとは

メンターとは、「CoderDojo三島/沼津」の先生です。

これには"共に考え助ける"という意味合いがあり、ただ自分の知識を子どもたちに一方的に共有するような"先生"とは違うという意味でこの言葉を使っています。

「CoderDojo三島/沼津」には様々なメンターがいます。学生メンターはもちろん、仕事でプログラムしている大人もたくさんいます。

私たちの活動は完全なボランティアで、メンターたちは無給で教えています。

活動は年6回で、自分の都合がつくときにだけでもメンターとして参加してくださるだけで構いません。

あなたの力を「CoderDojo三島/沼津」で発揮してみませんか。ご興味のある方は、お問合わせフォームよりご連絡ください。

活躍しているメンター

開催情報・参加申込

開催日時

時間:14:00~16:00
  • 2018/5/20(日)終了しました
  • 2018/7/15(日)終了しました
  • 2018/9/16(日)[募集8/15 9:00~]
  • 2018/11/18(日)[募集10/15 9:00~]
  • 2019/1/13(日)[募集12/15 9:00~]
  • 2019/3/17(日)[募集2/15 9:00~]

参加申込

開催場所

会場
国立沼津工業高等専門学校
住所
〒410-0022
静岡県沼津市大岡3600
(構内駐車場使用できます)

イベントの様子

支援のお願い

賛助会員・ご寄付ご登録

CoderDojo Mishima/Numazu では、無料で運営するために、寄付やスポンサー(賛助会員)を募集しています。

CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。

2011年にアイルランドで始まり、世界では85カ国・1,600の道場、日本では全国に140以上の道場があります。
(都会に集中しており、静岡県は、静岡市、浜松市の2カ所)

CoderDojo Mishima/Numazu は、CoderDojo 憲章に則り、ニンジャ(CoderDojoでは受講者をニンジャと呼びます)や保護者から一切の料金を徴収しません。

子どもたちに、無料で平等な機会を与えるためです。そのため運営費をスポンサーや寄付で集める必要があります。

地域の人々による地域のための学ぶの機会を自発的に生み出し運営するためにご協力をお願いします。

ご協力いただいた援助金は、会場費、ボランティア保険、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、おかし代、メンター交通費などに使われます。

ただいま会場費の確保に難儀しております。持続可能な運営をするために継続的なスポンサーも募集しております。

賛助会員

主に法人・個人事業主様対象:1口1万円/年
CoderDojo Mishima/Numazu ウェブサイトへのロゴとリンクの掲載と、参加者へチラシやグッズの配布を行える会員です。

賛助準会員

金銭的な援助ではなく、商品やサービスを無償提供していただき、それに相当する特典を得られる会員です。

寄付

個人・法人にかかわらず、おいくらでも構いません。

お申込みについて

お申込みは随時受け付けております。

申し訳ございませんが、公序良俗に反する団体や、CoderDojo 憲章に反するお申し入れはご遠慮いただくこともあります。
ご支援をご検討していただける場合は、事前にご連絡いただければ幸いです。

振込先 静岡銀行 清水町支店
 普通)0560481
CoderDojo三島沼津 

賛助会員・ご寄付ご登録

よくある質問

■保護者の皆様へ

CoderDojoは「塾」ではありません。学校の授業のように教える「ティ-チャー」はいません。子供達の発想を引き出したり、困った事を解決に導いたりする「メンター」がボランティアで活動をしています。
子供達は、プログラミング経験者もいれば、初心者もいます。子供同士で教えあったり、助けあったりする事も大切な時間と考えています。
主役は「学ばせたい大人」ではなく「参加したい子供達」です!!参加する子供達は、CoderDojoというIT公園で思いっきり楽しんで下さい。

■お申し込みについて

  • お申し込みは、当サイト「参加申込」よりお手続きください。
  • 募集期間外のお申し込みはできません。
  • 定員「18名」を先着順で受け付けいたします。
  • 参加者の人数分のチケットが必要です。兄弟やお友達同士で参加する場合は、人数分チケットをご予約してください。
  • 保護者様のチケットは必要ありません。参加するお子様の人数分が必要です。
  • 参加確定のご案内は、「Peatix」およびメールでお知らせいたします。
  • 募集期間前の事前予約は受け付けていません。

■参加について

  • 年6回全て参加する必要はありません。
  • 参加の回数制限はありません。その都度募集期間内に、お申し込みをして下さい。
  • 参加費は無料です。
  • 小学生は親子参加です。時間内は必ず同席をしていただきます。

■内容について

  • カリキュラムやテキストはありません。
  • 集合講習ではありません。
  • 子どもたちが自主的に好きなものをプログラミングします。
  • 困っている場合は、メンターが一緒に考えるお手伝いをします。
  • パソコン操作初心者には、基本的な使い方を事前に説明いたします。
  • プログラミング初心者は、「Hour of Code」を使い、基本的な考え方を学んでいただく事もできます。
  • ツールは「Scratch」「LEGO マインドストームEV3」を使います。
  • 「Scratch」は、プログラミング初級者から上級者まで、様々なレベルのお子様に対応することができます。
  • 「LEGO マインドストームEV3」は、中級者以上のお子様におすすめです。

■当日の持ち物について

  • やる気! 元気! 根気! そして笑顔!
  • パソコン(Windows・Mac)※レンタルを希望する場合はレンタル希望のチケットを選択してください。
  • 筆記用具
  • 飲み物(フタつきのもの)

■パソコン環境について

  • Wi-Fi接続できるもの
  • セキュリティソフトがインストールされてるもの
  • WindowsのOSサポートが切れていないもの(Windows10・8・8.1・7)
  • 最新に更新されているもの(Windows Update)

■パソコンレンタルについて

  • 先着「3台」です。※レンタルを希望する場合はレンタル希望のチケットを選択してください。
  • 子供の使用分に限ります。
  • レンタルは無料です。
  • OSは選べません。

2018年5月から活動をスタートしました。

お申し込み人数や、使用ツールなど、今後増やしていく事も検討しています。
皆様のご協力が必要となりますので、どうぞよろしくお願いいたします。